• 06-6352-4182

  • 診療時間
    9:30~13:00 / 15:00~19:30
    休診日
    水曜午後・日曜・祝日

審美治療・ホワイトニング

審美治療について

最近では男女問わず「健康的な美しい歯」に関心を持つ方が増えています。
近年、新たな審美材料の開発やテクノロジーの進歩なども目覚ましく、治療の選択肢も増えてきました。
審美治療にも様々あり、修復・補綴治療と呼ばれる主にセラミックス素材の詰め物・被せ物を用いた治療や、歯のブリーチング(ホワイトニング)、歯並びを治す矯正治療もある意味で含まれるかもしれません。
また、「白い」だけが審美ではありません。
以外に思われるかもしれませんが、ゴールドを用いた治療も銀歯に比べ、明るい色味で歯肉と調和し目立ちにくく、奥歯に用いる審美と機能を回復させる治療法として世界中で行われています。

当院では、審美修復・補綴治療および歯のホワイトニングに特化して、患者様のニーズとお口の状態を考慮して実施しています。
勿論、歯へのダメージは最小になることを考え、材料、治療法を選択し実施していきます。
見栄えが良くても、健康を害するような治療は基本的にお勧めしていません。
「健康的な美しい歯」を手に入れることによって、お口の悩みやコンプレックスから解放され、自信や笑顔を取り戻すきっかけになれば、うれしいことです。

審美修復・補綴(詰め物・被せ物)

主にセラミックス素材を用います。
セラミックスは透明感があり、変色もなく、表面の性状が滑らかなため、むし歯菌や歯周病菌の塊である歯垢(プラーク)が付きにくく、治療の第一選択となることが多いです。
セラミックスといえば、以前は奇麗で硬いけど、反面、割れやすく脆い材料という事で、前歯や力のかからない箇所などに限定して行われていましたが、高強度のガラスセラミックスや金属に近い強度を持つジルコニアなど新素材の応用やテクノロジーの進歩により、耐久性が大幅に改善され、前歯から奥歯まで幅広く応用可能となりました。
ただし、ケースに応じて、向き不向きがあることも事実です。
どんな材料でも必ずメリット、デメリットがあります。
患者様の希望をお聞きしたうえで、お口の状態(かみ合わせ、治療状況など)を考慮し、その中で何が良いか考えていきます。

高精度をめざして
~使用材料へのこだわり~

審美修復・補綴治療は原則、自費治療となります。
ケースにもよりますが、治療の工程で使用する材料も、保険治療に比べより精度の出る材料を使用して製作します。
型採りや噛み合わせを記録する材料も、粘土のような材料ではなく、シリコンと呼ばれる材料を使用し、製作する模型もより硬く欠けにくい石膏を用いています。
見栄えがキレイだけでなく、精度の面でも保険診療より向上させることができ、そこにこそ価値を見出していただければと思います。

料金案内(令和3年3月現在)

詰め物

オールセラミックスインレー
(高強度ガラスセラミックス・ジルコニア)
49,500円(税込)
ハイブリッドセラミックスインレー 27,500円(税込)
ゴールドインレー 38,500円(税込)

被せ物

ジルコニア・セラミックスクラウン 88,000円~99,000円(税込)
オールセラミックスクラウン
(高強度ガラスセラミックス)
66,000円(税込)
オールジルコニアクラウン 44,000円~66,000円(税込)
メタル・セラミックスクラウン 88,000円(税込)
メタル・ハイブリッドセラミックスクラウン 55,000円(税込)
ゴールドクラウン 55,000円~66,000円(税込)

審美治療の注意点

ホワイトニング

歯を削らずにより白くできれば、お互いにとってうれしいことですね。
歯のホワイトニングはその望みを叶える選択肢です。
詰め物・被せ物の色調は変えられませんが、削られていない歯は勿論、小さな詰め物している歯にも行うことができます。(ホワイトニング後に色調を合わせるため詰め替えることもあります。)
ホワイトニングには主に、専用マウスピース&薬液を使用し、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」と診療室で行う「オフィスホワイトニング」があります。
患者様のニーズや状況に応じて選択していきますが、その際、我々が大切にしていることは、歯へのダメージをなるべく少なくすることです。
歯を削らないので、ある意味では歯にやさしい方法ですが、歯をブリーチングさせることに変わりはありません。(髪の毛のブリーチングと同じです。)

高濃度の薬液を使えば使うほど、「白さ」はでるのかもしれませんが、エナメル質&象牙質へのダメージは強くなります。
当院では、過度な白さを追求するホワイトニングはお勧めしませんし、行っていません。
自然で清潔感のある白さがあれば十分という考えであり、なるべく歯へのダメージの少ないホワイトニング材料を用いています。
また、むし歯や歯周病を治療していない場合や、歯がしみるといった知覚過敏の強い方などは事前に治療や予防対策が必要となる場合もありますのでご注意ください。

料金案内(令和3年3月現在)

ホームホワイトニング 22,000円(税込)

ホワイトニングの注意点

ページトップへ戻る