• 06-6352-4182

  • 診療時間
    9:30~13:00 / 15:00~19:30
    休診日
    水曜午後・日曜・祝日

予防歯科

予防歯科 
~ホームケアとプロケアの力を合わせて~

以前の歯科治療といえば、痛くなったら診てもらって、痛みが治まったら様子をみるというように、「治療をしてもらう場所」という認識だったと思います。
しかし、症状がない、落ちついたからといって油断してはいけません。
代表的な歯科疾患である、むし歯も歯周病も生活習慣病という側面があり、一時的に状態がよくなっても、油断すると再発を繰り返す傾向があります。
また、初期には気が付きにくく、症状が出てきた頃には、進行していることもあります。
そのため、安定した状態を維持・管理するため努力し続けなけなければなりません。
予防歯科という言葉は様々な意味合いで使われますが、「治療だけでなく、病気の発症や再発を防ぐ歯科医院・歯科治療」のことであり、症状がなくても自発的・定期的に受診し、病気の原因である歯垢(プラーク)を早期に積極的に取り除く治療、プロケアをメインテナンスと呼んでいます。
しかし、すべて歯科医院任せにしても望む結果は得られません。
3~4か月に一度のプロケアより大切なことは、歯ブラシや歯間ブラシを使った毎日のプラークコントロールです。
歯や歯肉の健康は努力なしでは得られません。
放っておくと、悪くなります。
ただし、とてつもない努力が必要というわけではありません。
必要なのは、毎日の少しの努力の積み重ねです。
自分自身で行う毎日のホームケアと定期的なプロケア・メインテナンスを地道に行うこと、続けることでそれを習慣とすることが、予防歯科を成功に導くうえで大切になります。

むし歯・歯周病は
初期段階で治しましょう

むし歯になっても初期段階であれば、削らずに対応することができます。
鏡でお口の中をよく見ると、歯が部分的に白色や茶色~黒く変色していることがあるかもしれません。
そのような事があれば、痛みがなくても早めに受診してください。
削るのではなく、積極的なフッ化物応用や生活習慣改善で治せるかもしれません。削らないでよいものは、極力、進行を停止させ治癒に導きましょう。
定期的なメンテナンスを受けることで、むし歯の初期状態に気付くことができます。

メンテナンスの重要性

むし歯や歯周病は一旦治療が終わっても、適切なケアができていないと再発しやすい病気です。せっかく治療してキレイになった環境を守るためにも、定期的に歯科医院でメンテナンスすることを推奨しています。
メンテナンスにお越しいただければ、普段のブラッシングでは取れない汚れを除去して歯や歯茎をスッキリキレイにできますし、もし悪いところがあっても早期に発見して重症化を防ぐことができます。
痛みやトラブルが出てから通院するよりも費用を抑えることができ、時間も無駄になりません。
歯科医院のメンテナンスを定期的に受けて、口臭やお口のトラブルを防ぎましょう。

予防歯科の診療メニュー

日々ていねいに歯磨きしているつもりでも、すべての歯垢を落とすことはできません。歯垢は唾液に含まれる成分と化合して次第に歯石となり、歯周病などの原因となってしまいます。
当院では、患者様のお口の健康を守るために、セルフケアの質を上げることと、定期的に歯科医院でプロケアを受けることを呼び掛けています。プロケアでは、歯科医院でしかできない歯垢や歯石の除去を行って、お口の中をキレイにすることができます。
状況が悪くなってから通院を考える方が多いですが、ヘアサロンに通うような感覚で定期的にプロケアを受けることで、痛みや口臭などのリスクを減らすことができます。

歯科医院で進めていくこと
(プロケア)

むし歯や歯周病の検査

むし歯や歯周病の検査を行い、必要があれば治療をおすすめします。
定期的に検査を行い、継続的に変化を見ていくことで、お口の状態を把握することができます。

歯石の除去(スケーリング)

忙しい毎日の中で、セルフケアだけではどうしても歯垢が残ってしまい、やがて歯石化することもあります。歯石があるほど歯肉の炎症が起こりやすく歯周病のリスクが高まりますが、歯石は歯ブラシによるケアでは除去することができません。そのため、歯科医院で定期的にスケーリング(歯石の除去)を受けることをおすすめします。
当院では、超音波などを使った専用の器具を用いて歯石を除去し、お口の中を清潔な状態に戻していきます。

歯のクリーニング(PMTC)

PMTCは、歯科医師や歯科衛生士が専用器具を用いて行うクリーニングです。セルフケアで除去できない歯石や歯の着色、しつこいバイオフィルムをプロの技術で取り除きますので、お口の環境を健康的に整えていきます。

ページトップへ戻る