• 06-6352-4182

  • 診療時間
    9:30~13:00 / 15:00~19:30
    休診日
    水曜午後・日曜・祝日

ブログ

ノンクラスプデンチャーをお勧めする理由

 

 

左がノンクラスプデンチャー、右が一般的な部分入れ歯になります。

一番の違いは何だと思われますか?

 

金属の留め具(クラスプ)や連結部分(バー)がない事に目がいきがちですが、

ポイントはそこではありません。

 

実は歯茎の土手を覆うピンク色の【床(しょう)】と呼ばれる部分の材質が違います。

 

同じレジンという合成樹脂に変わりはありませんが、ノンクラスプデンチャーは柔軟性の高い特殊素材を使用しています。

 

当院で採用しているキレイデスはその中でも特に柔らかく、例えるなら「竹のようなしなやかな素材」といえるでしょうか。

 

素材のしなやかさを利用して、薄く加工でき、留め具を歯に引っかける代わりに、床で歯ごと優しく包み込んであげるという設計が可能になります。

 

歯にぶら下がる・引き倒すような力をかけず、周囲から支えてあげる…

有害な力を吸収し、周囲に逃がしてあげるイメージでしょうか。

 

金属部分が少ないので、ついでに、見栄えが良い、薄くて軽い、隙間がなく快適などのおまけがついてきます。

 

ただし、最大のメリットは残存歯に優しい設計が可能になることではないでしょうか。

 

様々なケースで対応可能ですが、孤立している歯・弱っている歯をお持ちの方や、片側だけの小さな入れ歯を望まれる方には有利に働きます。

 

次回に続きます…

ページトップへ戻る